尾瀬檜枝岐浪漫紀行

尾瀬の郷 檜枝岐。人と自然、歴史と文化の案内人。

三条ノ滝 

日本屈指の水量を誇る名瀑中の名瀑。春が訪れ尾瀬の雪が溶けだす頃、落差100m幅30mの規模にすら不釣り合いな莫大な水が一挙になだれ込むその姿は展望台の上から見ても足元がすくむほどの迫力があります。三条ノ滝は古い地図には三丈ノ滝とも記されており、その由来には渇水期に水が三丈に分かれる、あるいは滝の幅が三十丈あるからなど諸説あります。

渋沢大滝 深い原生林に隠された幻の滝

尾瀬国立公園の滝の中でも最も訪れる人が少ない幻の滝。周辺の登山道を整備されていた渋沢温泉小屋が廃業となり、登山道も時間が経つにつれて荒廃し不明朗になりつつある。渋沢の水は周辺の沢とは水質が異なり白濁としている。只見川出会い付近の様子なども水質の影響か、標高の違いやひと気の無さと相まってか公園内では異質な趣を呈している。不明朗な道を辿りついた先、落差50mのその滝の横にはもう一つの幻の滝が流れ落ちる。

モーカケの滝 

竜ノ門の滝 

抱き返しの滝